クマでもできる!米国株投資 複利のチカラでお金持ち

アインシュタインが絶賛した複利のチカラ。連続増配企業多数の米国株式への投資をメイン(配当再投資)にお金の話、日記をつらつら書いていきます。

後輩に株式投資の安全性を語ってみた

こんにちはクマです。


さてさて私事ですが、ダイエットを始めます。
僕も今年40歳のナイスミドルになります。

ナイスかどうかは人それぞれの評価によりますが(笑)
ってなわけでこのままのメタボ体系ではよくないと思いダイエットとして職場まで3.5kmほどを歩くことにしました。
お金持ちへの道は倹約と投資ですから治療費がかかっては投資に回すお金が減ってしまいます。今はよくても今後何らかの症状が出てくる可能性もありますので今から予防しようと思います。

まぁ、メタボではモテませんからねぇ。

少しでも細くなって健康的なカッコよさを手に入れようと思います。


さて前回の記事に出てきた彼との会話の続きです。
richonthestock.hateblo.jp

彼は投資が怖いと言っています。

クマ「じゃ、聞くけど倒産は怖いけど、分散すればよくない?」

後輩「そうですねぇ。倒産しない会社ないですかねぇ」

クマ「ないねぇ。未来はわからないけど、倒産しないような会社を探せばいいよ。」

しばし、仕事タイム

.....


クマ「ところでなんで後輩はこの会社に就職したの?」

後輩「不景気に強そうだし、倒産しなさそうだし」

クマ「じゃ、うちの会社に投資すれば?」

後輩「あ!」

クマ「今、良いと思ったでしょ?でもそれは不正解です。うちの会社は安定感はあるけど、それでは分散されないです。うちの会社でもらった給料でうちの株を買ったらどうなる?」

後輩「わからないです」

クマ「もしも業績が伸び続ければ給料も上がるし、持ってる株の株価も上がる、すなわち資産がどんどん増える。けど、業績が伸び悩んだらどうなる?」

後輩「給料が減りますかね?」

クマ「減る可能性はあるよねぇ。でもそれだけじゃなくて、持ってる資産も減るよ。きっと。株価が下がって資産価値が減る。それだけならいいけど倒産したら?無職な上に株価もゼロだよ。」

後輩「なるほど~」

クマ「だから分散するんだよ。もらえる給料は会社から、投資は他の業種へ。できれば何社も株を持つといいよねぇ。理想は15~20社らしいよ。均等に20社持ってたら一社倒産しても資産への影響は5%だよ。」

後輩「へ~そんなもんですか」

クマ「そう、高配当銘柄に投資してたら大体1~2年分の配当で賄えるんだよ。」

後輩「なるほど」

クマ「しかも自分の就職する会社(人生を託す会社←まぁ転職前提もいるかもしれないが)が倒産しないと信じてるのに、なぜ投資しようとしてる会社は倒産するかもしれないと思うの?」

後輩「・・・」

クマ「世界にはうちの会社なんかよりももっと、安定してる会社がいっぱいある、例えばコカコーラ社とかね。あれだけの流通網を築いて、世界中に飲料を提供できるメーカーはないよね。だからそうゆう会社に投資しておけばいいんだよ。うちの会社を信じて働き続けるよりもコカコーラに投資しておくほうが安心だよ(笑)」

後輩「なるほど、なんとなくわかりました。ちょっと考えてみようかと思います。」


まぁ、仕事中にも関わらず熱く投資の安全性について語ってみました。

さて彼は株式投資を始めるのでしょうか・・・

やらなさそう。

日本人のこの投資に対する拒絶反応はなんなんでしょうか。
もったいない。