クマでもできる!米国株投資 複利のチカラでお金持ち

アインシュタインが絶賛した複利のチカラ。連続増配企業多数の米国株式への投資をメイン(配当再投資)にお金の話、日記をつらつら書いていきます。

株式投資をする理由はロナルドリード氏

こんばんわ
クマです。

仕事をしながら思うのです。


「こんな仕事ヤメテヤル!!」


上司や部下に

やいのやいの
言われ。

お客に

やいのやいの
言われ。

なんでこんな目にあってまで働かないとならないんだーーー!!

と心の叫びですが、

実際は
住宅ローンもある
妻もいる
逃げることのできない奴隷制度的な世の中があるわけで。。。

経済的にも自由を手に入れるべく【株式投資】の道を選んでるわけです。


簡単に言えばお金を手に入れて仕事を辞めてもなんとかなる経済的な余裕を手にいれる。
ってのが目標です。



ドナルドリード
このブログのタイトルにも入れました。
ドナルドリードさん

なんでこの人を目指すのか。
本来ならばウォーレンバフェット氏などを目指すべきなのでしょうけど、彼はきっと神です。
再現性がなさすぎる。


ドナルドリード氏
この方は37歳から株式投資を始めました。
米国株ブログをやってる方に比べれば、結構、遅くから始めたと思いませんか?

そしてドナルドリード氏の職業です。
ガソリンスタンドの店員

はっきり言ってそんなに高給取りではないでしょう。

僕も高給取りではないです。
全国の平均年収を下回っています。

余裕で!!!

でも、高給取りではなさそうな彼でも、
米国株式を買う。
米国株式を売らない。
米国株式の配当を再投資。
で亡くなる間際には約10億の資産を築いたのです。


彼に特別な才能があったのでしょうか?
銘柄を見極める目が優れていたのでしょうか?


可能性を感じませんか?


あれ?

普通の人でも、一般的に優れた企業の株式を買って
握りしめ
売らない

それだけで資産を作れるんです。


倹約に努め
コツコツと株数を増やし
配当を増やす
そしてそれを再投資する。



それだけで資産が作れます。


もちろん僕はロナルドリード氏のように死ぬ間際まで資産を増やし続けようとは思いません。
できればどこかでその資産から生まれる配当で人生を楽しみたいと考えています。


仕事でどうしようもなく追い詰められた時、
病気でどうしようもなくなった時、
気持ちを楽にしてくれるくらいの資産があったなら人生って少し楽しくなりそうな気がします。


もちろん仕事が好きな人はいいです。
ずっと仕事をして稼いだ給料は使えばいいんです。


でも、僕は自分の時間をゆったりと過ごしたい。

ただ、それだけなんです。